くものしゅの日記

子育て中の ph. D.(応用数学)が書いてます

パーセンタイル値とテストの成績

ほかの人と比べて、自分の成績がどのくらいなのか。気になりますよね。パーセンタイル値が分かれば、自分より成績が悪い人がどのくらいいるのかが分かります。
 
パーセンタイル値とは何?
データを小さい順に並べて、前から数えて〇〇パーセントの場所にある値を〇〇パーセンタイル値と呼びます。〇〇には0から100の間の数が入ります。
 
テストの成績をパーセンタイル値で表す方法
テストの成績をパーセンタイル値で表すには次のようにすればよいです。

 1.成績順(低い順)に一列に並んでもらう。

 2.点呼をとる。番号~1、2、3、4・・・・

 3.自分の番号 ÷(全員の人数+1)×100 を求める。この数が〇〇に入ります。

 4.自分の成績は〇〇パーセンタイル値です。

 
パーセンタイル値を具体的に計算してみる
 例:テストを受けたのは49人で、A君の成績は70点だったとします。
   A君の成績は前から40番目だったとします。このとき
 自分の番号=40
 全員の人数+1=49+1=50
 自分の成績=70
より、
 (40÷50)×100=80
だから、
A君の成績 70点は 80パーセンタイル値です。
 
パーセンタイル値を知ることで分かること
A君の成績が80パーセンタイル値であるということは、大雑把に言うと、全体の80%の人よりA君の成績は良い、ということです(残りの20%の人よりA君の成績は悪いです)。
 

f:id:kumonoshu:20180417123616j:plain 

 
 
エクセルで求める際の注意
今回説明したパーセンタイル値を実際に求めたい場合はEXCELの
を使うと便利です。 
 
 
以下の関数ではないので注意してください。
 
 
これらの関数の違いは、いずれ説明したいと思います。