くものしゅの日記

子育て中の ph. D.(応用数学)が書いてます

カーリングをルールを覚えずに観戦する方法:その5

前回までのまとめ:
丸い円を身体に例えると、ど真ん中は心臓。そこが急所だ。
急所を石で攻撃せよ。防御も忘れるな。
急所の前に石を置くと敵の石から急所を守ることができるぞ。

 

今回も、味方の石を「味」、敵の石を「敵」と書くことにします。


敵の石が急所の前にあるとします。

石を投げる場所    敵 急所

 

次は味方が投げる番です。

石を急所に置きたいのですが、敵が邪魔で困ります。

まっすぐ投げると


味→   敵  急所


    味敵  急所

敵にぶつかってしまいました。
敵にぶつからずに急所にたどり着くにはどうすればいいでしょうか?

 

 

 

 

そうです。石を曲げればよいのです。
曲げ方は2種類

  1. 自力で曲がる
  2. 別の石に当てて反射する

1をカマーランド、2をヒットアンドロールといいます。

敵の石が前の方にあって邪魔だなあ、ってときには

「カマーランドとヒットアンドロールのどっちがいいかな・・・」

ってつぶやけば、戦略が分かってる人っぽく見えます。


今回は、ここまでとしたいと思います。


読んでくれてありがとう。