くものしゅの日記

子育て中の ph. D.(応用数学)が書いてます

幼児に物の名前を教える際の注意事項

うちの子が物の名前を覚えた時のエピソードなんですけれど。分からないものはとりあえずバナナということがあったんです。絵本に描いてあるロウソクを見ても
 バナナ
 ペンギンを見ても
 バナナ
 オットセイを見ても
 バナナ
 って感じです。でも、ふと思ったんですよ。これはワザと間違ってるんじゃないかと。そこで試しに、まだ覚えていないはずの
 桃の絵
 を見せてみたんです。そしたらバナナではなく、
 オシリ
 って言ったんです。
 確かに似てるよね。桃とお尻は似てるよね〜
 
と言う微笑ましい話なんですけれども……
 
 実はこれ、違うんです。以前、冗談で子どもに桃の絵見せながら
 お尻
 っていっちゃったんです。冗談のつもりだったんだけど、本気にしたのね。そりゃそうだよね。今から言葉を覚えようという時なんだからね。
 
というわけで、間違っているのは子供でなく大人の方であるという話でした。