くものしゅの日記

子育て中の ph. D.(応用数学)が書いてます

時間がなくても頑張ろう

赤ちゃん、最近、寝つきが良いです。

抱っこすれば大体寝てくれる。本当に助かります。

 

でも、ちょっと前までは、こうでしたよ。

ひたすら抱っこ。そしてゆらゆら、ぶらぶら、ふらふらと、

さすらいながら寝るのを待つ。ひたすら待つ。なんてこと。

そんなとき、もっと良い方法ないのかな・・・って思ってたけど、

なんにも思い浮かばなかった。大変過ぎて。思考力奪われてました。本当に。

やっと寝てくれて、ホッとするのは束の間。

しばらくすれば赤ちゃんは起きて、またまた手が離せなくなる。

これの繰り返し。

 

試行錯誤と場当たりな対応に終始してしまう。

初めての子育てで経験もないし、じっくり調べる時間もないから仕方がない。

 

でも、がんばる。

 

限られた情報と時間の中で、より適切な子育てを目指す

 

こんなことを思っていたけど、こういう考え方は子育て本にはあんまりないです。でも、ビジネス本になら多そうな発想法です。

 

 

この本はビジネスパーソン向けだけど、ここに書いてある問題を解決するための方法が子育てに応用できればいいよあ、って思っています。